野球と鉄道―幻の球場と思い出の球団

鉄道とのつながりに着目しながら野球史を振り返る

明治時代に日本へ伝来し、今や身近で人気のあるスポーツとなった野球。プロ野球の球団経営など、野球と鉄道は意外に深い関わりを古くから持ってきました。そんな鉄道を切り口に野球の歴史を振り返る企画展です。

日本で最初に本格的な野球チーム「新橋アスレチック倶楽部」を結成したのは、留学先のアメリカから帰国した鉄道技師の平岡ひろしでした。昭和11年には、プロ野球が開幕。日本職業野球連盟7球団によるリーグ戦は、野球が国民に浸透し人気スポーツと発展するきっかけとなります。その頃より、鉄道会社が球団経営に携わり、沿線開発の中で球場を所有。野球観戦で球場へと向かう際の移動手段など、深くかかわってきました。

本展では、戦前から続く野球と鉄道の関わりを紹介。また、近年の社会人野球や高校野球と鉄道についても、そのつながりに触れます。

新橋アスレチック倶楽部 明治13年 野球殿堂博物館蔵
ポスター「秋季職業野球リーグ戦」昭和14年 野球殿堂博物館蔵
武蔵野競技場線の電車の行先表示板 昭和25〜27年 野球殿堂博物館蔵
開催概要
会期 2015年4月7日(火) 〜 2015年7月20日(月・祝)
※会期中、一部展示替えあり
休館日 月曜日 ※祝日の場合は開館、翌火曜休館
時間 10:00〜17:00 ※入館は閉館時間の15分前まで
会場 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
港区東新橋1-5-3  
入館料 無料
公式サイト http://www.ejrcf.or.jp
問合せ 03-3572-1872
2015年4月更新