スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

世界のアーティストが独自解釈で描く「スター・ウォーズ」の世界観

《Regrets》 MASEY

映画史に残る名作「スター・ウォーズ」をテーマにしたアート作品、シリーズ6作品の映画制作で実際に使われた衣裳や小道具などを展示し、映画の世界観を体験できる企画展です。

原作者のジョージ・ルーカスは、スター・ウォーズを構想する際に、神話学などで用いられてきた聴衆への印象付け手法、SF映画「フラッシュ・ゴードン」、黒澤明の映画「隠し砦の三悪人」などからヒントを得ました。

本展では、ルーカス自身が選んだアーティストによるアート作品60点を世界初公開。あらゆる生命体に宿り善悪の両面の力を持つフォースを描いた作品などが紹介されます。また、映画で実際に使用されたジェダイとシスのライトセーバー、ブラスター銃、イウォークのコスチューム、キャストの衣裳や小道具なども展示。屋上スカイデッキには、ダース・ベイダーと一緒に写真が撮れるスポットが造成され、映画の世界観にじっくり浸れる内容となっています。


《George Lucas’ World》 Manuel Sanjulian
《Vader》 天野喜孝
《Dawn of Maul》 Will Wilson
《Luke Skywalker in Cockpit》 Jerome Lagarrigue
開催概要
会期 2015年4月29日(水・祝) 〜 6月28日(日)
休館日 会期中無休
時間 10:00〜22:00
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階 
入館料 一般 1,800円、高大生 1,200円、4歳〜中学生 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
公式サイト https://tcv.roppongihills.com/jp/
問合せ 03-6406-6652
2015年4月更新