江戸の悪

大盗賊から歴史上の悪人まで! 浮世絵から負の魅力を探る

月岡芳年「英名二十八衆句 福岡貢」

盗賊、侠客、権力者、女伊達など、江戸時代の悪人をクローズアップ。浮世絵に描かれた人物像から、江戸で人気を博した悪人の魅力に迫るユニークな企画展です。

浮世絵全盛期の江戸時代は、美人画、風景画、人物画などさまざまなモチーフで描かれ、大盗賊や悪役を描いたものも多くありました。人々は元禄赤穂事件などの大事件が起きるとすぐに芝居にし、吉良上野介は悪役のイメージを定着させていきます。石川五右衛門などの大盗賊、雁金五人男や幡随院長兵衛などの侠客、斧定九郎などの浪人たちなど、アウトローが次々と芝居や小説に登場し、人気を博しました。江戸の人々は現実、虚構を問わず、悪に対して好奇心を抱き、魅力に感じていたようです。

本展では、三代歌川豊国「東海道五十三次之内 京 石川五右衛門」、月岡芳年「東錦浮世稿談 神田伯勇 幡随院長兵衛」などの著名な悪党のほか、菅原道真を陥れた藤原時平、平家全盛を築いた平清盛といった歴史上の悪人、女盗賊や女伊達など、多彩な悪人をジャンルごとに紹介。怪談物の傑作と名高い歌舞伎狂言「東海道四谷怪談」をモチーフにした錦絵も展示されます。


三代歌川豊国「東海道四谷怪談」
三代歌川豊国「東海道五十三次之内 京 石川五右衛門」
開催概要
会期 2015年6月2日(火) 〜 6月26日(金)
休館日 月曜日
時間 10:30〜17:30 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 太田記念美術館
渋谷区神宮前1-10-10 
入館料 一般 700円、高大生 500円
公式サイト http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年5月更新