東京アートミーティングVI “TOKYO”ー見えない都市を見せる

東京のクリエイターによるキュレーション&国内外作家による新作 文化都市「東京」の魅力をアーティストの個性で表現

1980年代にサブカルチャーなどの文化的な創造が隆盛して世界的に注目された「東京」。2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックへ向けて、再び注目されている東京の文化的な創造力を国内外のアーティストの視点で多角的に探る企画展です。

2011年の東日本大震災を経験し、少子高齢化やエネルギー、移民問題などの危機を世界と共有する現在の東京は、もはや1つの概念でまとめることはできないほど多様化しています。世界を席巻するテクノポップ、成熟と幼さが同居するネオテニー的特徴、過剰な自己演出、社会を反映した個性的なライフスタイルなど、これらの感性はアートにおいて多彩な表現となって昇華し、ネットと現実の境界が曖昧なポスト・インターネット世代の中では、新しいマテリアル感覚や新旧が共存する都市風景をパラレルワールドとして再構築する感性も生まれています。

本展では、2つの見せ方により東京を表現。1つは、各界で活躍する東京のクリエイターがキュレーションしたもの、もう1つは東京をテーマにつくる新作で、YMO+宮沢章夫、蜷川実花、岡田利規、ホンマタカシ、EBM(T)、松江哲明などのほか、サーダン・アフィフ、林科、ラスモス・ニールセン、ヤコブ・フィンガー、ビョルンスチェルネ・クリスチャンセンのユニットであるスーパーフレックスといった海外のアーティストも参加します。

イエロー・マジック・オーケストラ 1979年 © Photo by Masayoshi Sukita
トーマス・デマンド《制御室》2011年 © Thomas Demand, VG Build-Kunst, Bonn / JASPAR, Tokyo 東京都現代美術館蔵
黒河内真衣子 mame 《Personal Memory》 2014AW, Photo: Motohiko Hasui
イェンナ・ステラ 《組織/有機体》のためのスケッチ 2015年
林科《とろとろ線》 2015年 Copyright: Lin Ke
開催概要
展覧会名 東京アートミーティングVI “TOKYO”ー見えない都市を見せる
会期 2015年11月7日(土) 〜 2016年2月14日(日)
休館日 月曜日(ただし11月23日、1月11日は開館)、
11月24日、12月28日〜2016年1月1日、1月12日
時間 10:00〜18:00
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 東京都現代美術館
江東区三好4-1-1 
観覧料 一般 1,200円、大学・専門学校生・65歳以上 900円、中高生 700円
公式サイト https://www.mot-art-museum.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年10月更新