【特別展】伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観―HAPPYな日本美術―

鶴亀、松竹梅、七福神など吉祥がテーマの日本画が大集合

新年に相応しく、江戸時代から近現代まで縁起の良いモチーフの日本画を集めた企画展です。

日本では、祭事や婚礼といった祝い事や、季節の節目を祝う節句などで、鶴亀や松竹梅、七福神のように吉祥を画題にした表現が用いられ、長寿や子宝、富や繁栄の願いを込めた絵画が多く生まれてきました。
 本展では、幸福への願いが込められためでたい主題や、思わず笑ってしまうような楽しいモチーフを集めて展観し、江戸時代からのHAPPYの認識の普遍的な部分などを眺めます。

特に、《布袋図》、《恵比寿図》、《河豚と蛙の相撲図》、《群鶏図》など、伊藤若冲の墨画は大胆なデフォルメと機知に富んだ表現が楽しめる作品が多く、初公開作品も含まれます。また、ユーモアあふれる戯画で人気の歌川国芳、鮮烈な色彩と滑稽さが魅力の柴田是真、重厚感ある筆力を感じる河鍋暁斎など、幕末から明治時代の作品も並びます。伝統的な画題を土台にしながら、新しい表現を試みた横山大観、下村観山ら、近代の画家たちの優品も見どころです。

伊藤若冲《河豚と蛙の相撲図》18世紀(江戸時代) 紙本・墨画
伊藤若冲《恵比寿図》18世紀(江戸時代) 紙本・墨画
横山大観《蓬莱山》1939(昭和14)年頃 絹本・彩色 山種美術館
小林古径《鶴》1948(昭和23)年 紙本・彩色 山種美術館
開催概要
展覧会名 【特別展】伊藤若冲 生誕300年記念
ゆかいな若冲・めでたい大観 ―HAPPYな日本美術―
会期 2016年1月3日(日) 〜 3月6日(日)
※会期中、一部展示替えあり
休館日 月曜日 (ただし1月4日・1月11日は開館、1月12日は休館)
時間 10:00〜17:00 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 山種美術館
渋谷区広尾3-12-36 
入館料 一般 1,200円、高大生 900円
公式サイト http://www.yamatane-museum.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年12月更新