日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展

ルネサンスの巨匠の画業と生涯を辿る回顧展

イタリア・ルネサンスを代表する画家、サンドロ・ボッティチェリの初期から晩年までの作品を通して、その生涯を辿る本格的な回顧展です。

1445年、ボッティチェリは皮なめし職人の息子として生まれました。フィリッポ・リッピの工房で修業を積み、レオナルド・ダ・ヴィンチも在籍したヴェロッキオの工房に出入りした後、1470年に独立して自身の工房を構えます。装飾にあふれた象徴的な画風は、フィレンツェを実質的に支配していたメディチ家や商家など、多くのパトロンに好まれて注文が相次ぎ、フィリピーノ・リッピなどの有能な弟子も輩出。晩年はドメニコ会士で神権政治を行ったサヴォナローラに帰依し、神秘的な作風へと変化していきました。

本展では、聖母子像の傑作と言われる《聖母子(書物の聖母)》、当時のフィレンツェで一番の美女を描いた《美しきシモネッタの肖像》、メディチ家の人々やボッティチェリ自身が描かれた《ラーマ家の東方三博士の礼拝》などの名作のほか、《書斎の聖アウグスティヌス(聖アウグスティヌスに訪れた幻視)》、《オリーヴ園の祈り》など、世界各地から約20点が集結。師のフィリッポ・リッピ、弟子のフィリピーノ・リッピの作品も紹介され、類似性などを展観できます。

《聖母子(書物の聖母)》サンドロ・ボッティチェリ ポルディ・ペッツォーリ美術館 © Milano, Museo Poldi Pezzoli, Foto Malcangi
《ラーマ家の東方三博士の礼拝》サンドロ・ボッティチェリ ウフィツィ美術館 Gabinetto Fotografico del Polo Museale Regionale della Toscana Su concessione del MiBACT. Divieto di ulteriori riproduzioni o duplicazioni con qualsiasi mezzo
《オリーブ園の祈り》サンドロ・ボッティチェリ グラナダ、王室礼拝堂 Archivo fotográfico de la Capilla Real de Granada
開催概要
展覧会名 日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展
会期 2016年1月16日(土) 〜4月3日(日)
休室日 月曜日(ただし3月21日・28日は開室)、3月22日(火)
時間 9:30〜17:30(金曜は20:00まで)
※入室は閉室時間の30分前まで
会場 東京都美術館
台東区上野公園8-36 
観覧料 一般1,600円、学生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円
公式サイト https://www.tobikan.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2015年12月更新