国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂

初期から新作まで約270点を一挙公開! 過去最大級の個展

絵画から小説まで幅広く活動している前衛芸術家、草間彌生のこれまでの画業をたどる大規模な企画展です。

京都市立美術工芸学校で日本画を学び、故郷の松本で創作活動を開始。1957年に単身渡米し、モノクロームのネット・ペインティングで高い評価を受けると、オブジェやイメージによって空間を埋め尽くすエンヴァイラメント(インスタレーション)、ハプニング(パフォーマンス)など、生や食品に対する強迫観念がテーマの先駆的な作品を次々に発表。注目を集めるようになりました。
 体調不良から1973年に帰国。入院生活を送りながらも活動を再開し、水玉、ネット、男根状の突起などの従来のモティーフを再解釈した鮮やかな作品を多く生み出します。版画、小説、詩などの文学分野にも挑み、活動範囲を広げました。近年では、欧米、中南米、アジアなど各国で大規模な個展を成功させ、2016年の『タイム誌』の「世界で最も影響力のある100人」に日本人で唯一選出されています。

本展では、初期から現在まで時代ごとにフォーカスし、水玉、ネット・ペインティング、ソフト・スカルプチュア、「無限の鏡の間」といった定番作品の特徴を探るとともに、2009年から精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選した約130点を日本初公開。今も制作が続くシリーズの最新作も紹介されます。

《トラヴェリング・ライフ》 京都国立近代美術館蔵 1964年 151.0×82.0×高さ248.0cm © YAYOI KUSAMA 撮影:上野則宏
《黄樹》 フォーエバー現代美術館蔵 1992年 162.0×390.0cm © YAYOI KUSAMA
「わが永遠の魂」シリーズより ≪私に愛を与えて≫ 2015年 © YAYOI KUSAMA
《南瓜》 フォーエバー現代美術館蔵 2007年 直径500.0×高さ450.0cm © YAYOI KUSAMA
開催概要
展覧会名 国立新美術館開館10周年
草間彌生 わが永遠の魂
会期 2017年2月22日(水) 〜 5月22日(月)
休館日 火曜日(ただし5月2日は開館)
時間 10:00〜18:00(金曜および、4月29日(土)〜5月7日(日)は20:00まで)
※入場は閉館時間の30分前まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E
港区六本木7-22-2 
>> 会場の紹介記事はこちら
観覧料 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円
※3月18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
公式サイト https://www.nact.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年2月更新