坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス

18年ぶりの開催! 建築作品から災害支援、最新プロジェクトまで幅広く網羅

世界中で建築の設計に携わり、災害支援活動も行ってきた建築家 坂 茂氏。2017年春にオープンするパリ近郊の複合音楽施設を中心に、各国で進行中の最新プロジェクトから同氏の設計思想と取り組みを紹介する企画展です。

1985年に坂茂建築設計を設立。1995年から、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)でコンサルタントを行うと同時に、災害支援活動団体「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)」を立ち上げます。ポンピドー・センター - メス(フランス)や、大分県立美術館 OPAMなど国際的に活躍し、2014年には、建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞しました。

本展では、これまで手掛けた建築作品の中で最大規模となる、パリ近郊のセガン島にオープンする複合音楽施設「ラ・セーヌ・ミュジカル(La Seine Musicale)」の着工から竣工までの施工プロセスを、定点観測映像や約4mの断面模型で紹介します。木造の六角グリッドで構成した巨大なバスケットで音楽ホールを包み込むなど、多様なかたちで木を用いている点がポイントです。
 そのほか、今回が初公開となる「スイス時計会社本社」や「台南市美術館」といった進行中のプロジェクトも、模型、モックアップ、映像などを交えて展示し、ダイナミックな外観の中に盛り込まれた環境性能や居住性など、設計・開発・建設のプロセスが展観できます。

ラ・セーヌ・ミュジカル(フランス、パリ近郊/2017) 設計:Shigeru Ban Architects Europe © Nicolas Grosmond
スイス時計会社本社(スイス、ビール/ビエンヌ/進行中)設計:坂茂建築設計/Shigeru Ban Architects Europe
© Didier Ghislain
台南市美術館(台湾、台南/進行中)設計:坂茂建築設計 © 坂茂建築設計
富士山世界遺産センター(日本、静岡県富士宮市/進行中)設計:坂茂建築設計 © 坂茂建築設計
開催概要
展覧会名 坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス
会期 2017年4月19日(水) 〜 7月16日(日)
休館日 月曜、5月2日(火)〜5日(金・祝)
※4月29日(土・祝)は開館
時間 11:00〜18:00
会場 TOTOギャラリー・間
港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F  
入館料 無料
公式サイト http://www.toto.co.jp/gallerma/
問合せ 03-3402-1010
2017年4月更新