エリック・カール展

『はらぺこあおむし』の原画、立体作品など約160点を公開!

アメリカを代表する絵本作家エリック・カール。約50年前に発表した『はらぺこあおむし』は、今なお世界中の子どもたちを魅了しています。色の魔術師と呼ばれる手仕事や美術への言及に触れながら、同氏のこれまでの歩みを辿る企画展です。

1929年、ニューヨーク州のシラキュースで生まれたエリック・カールは、6歳のとき家族とドイツに移住します。16歳でシュトゥットガルト州立芸術アカデミーに入学し、23歳で渡米。フリーランスのグラフィック・デザイナーとして働いていたとき、子供向けテキスト用の挿絵を頼まれたことがきっかけで絵本作家へと進むことになりました。

本展では、第1部 エリック・カールの世界、第2部 エリック・カールの物語の2部構成で展開します。
 第1部では、『くまさん くまさん なに みてるの?』以降、80タイトル以上の絵本を世に送り出してきた中で描かれてきた作品を、“動物たちと自然”、“旅”、“昔話とファンタジー”、“家族”と4つのテーマに分けて展示。子どもたちの夢や憧れ、日々の生活などをカラフルに描き出す世界観に触れられます。
 第2部では、初期の素描のほか、前衛画家グループの一員であったフランツ・マルク、絵本作家レオ・レオニにささげられた絵本を紹介。立体作品、舞台美術など、絵本を超えた創作活動や日本とのつながりにも注目し、作家本人のこれまでの軌跡を追います。

エリック・カール、『はらぺこあおむし』別図原画(未出版)、1989年、エリック・カール絵本美術館 © 1969 and 1987 Eric Carle
エリック・カール、『こぐまくん こぐまくん なに みているの?』表紙原画、2006年、エリック・カール絵本美術館 © 2007 Eric Carle
エリック・カール、『はらぺこあおむし』デザイン原画、制作年不詳、エリック・カール絵本美術館 © Eric Carle
エリック・カール、『1,2,3どうぶつえんへ』最終原画、1986年、エリック・カール絵本美術館 © 1968 and 1986 Eric Carle
開催概要
展覧会名 エリック・カール展 The Art Of Eric Carle
会期 2017年4月22日(土) 〜 7月2日(日)
休館日 月曜日(ただし5月1日は開館)
時間 10:00〜18:00 ※入館は閉館時間の30分前まで
会場 世田谷美術館
世田谷区砧公園1-2 
入館料 一般 1,200円、65歳以上 1,000円、大高生 800円、中小生 500円
公式サイト https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
2017年4月更新