嵐・大野智の5年ぶりの個展。今回は初の写真撮影可作品もあり 油絵、細密画、立体、写真――アーティスト大野智の多彩な表現

嵐・大野智の5年ぶりの個展。今回は初の写真撮影可作品もあり
油絵、細密画、立体、写真――アーティスト大野智の多彩な表現

エントランスイメージ ©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

六本木ヒルズ展望台東京シティビューにて、人気アイドルグループ・嵐のメンバー大野智の個展が開催。創作活動の集大成として、過去に手掛けた作品から現在制作中の新作、また創作・展示のアーカイブまで幅広い作品が登場する。

芸能活動と並行して、継続的に美術制作を行ってきた大野は、試行錯誤を繰り返し常に独自の表現方法を模索してきた。これまでにも国内外でFREESTYLE展を開催しており、本展は約5年ぶり3度目の作品展となる。油彩、ドローイング、フィギュア、立体作品など過去の作品展から大野のアートワークを象徴する作品約180点が並ぶほか、本展のために描き上げた新作、そして現在制作中の作品20点以上を、展望台の大空間で初披露する。

エントランスでは、『グリーンヘッド』のフィギュアと、嵐のシングル曲『カイト』のジャケットに使用された絵画、それぞれの巨大版がお出迎え。この2点は撮影可となっており、「FREESTYLE」展では初の試みとなる。
 また、注目したいのは、大野が本展のために制作した作品の中から、2273×1620mmの大きなキャンバスに描き上げたモノクロームの細密画。一切の妥協なく描き込まれた極細の線と生き生きとしたモチーフに、無限の世界を感じ取れるだろう。
 他にも、2008年に最初の作品展を開催するキッカケにもなった、個性豊かなヘッドフィギュアたちや、大野作品の特徴である、“顔”にフォーカスした女の子の油絵など、多彩な表現に妥協せずチャレンジし続ける、“アーティスト大野智”としての魅力が存分に感じられる展示内容になっている。

嵐ファンや大野君ファンはもちろんのこと、純粋なアートファンも見ごたえありの展覧会になりそうだ。


『FREESTYLE 2020』のために描き下ろした新作の大型細密画(サイズ:W2273×H1620)と大野智 ©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION
©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION
『FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION』大野智 作品集 ©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION
 ©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION
 ©FREESTYLE 2020 SATOSHI OHNO EXHIBITION

開催概要
展覧会名 FREESTYLE 2020 大野智 作品展
会期 2020年9月9日(水) 〜 11月8日(日)
第一期:9月9日(水)〜10月4日(日)
第二期:10月5日(月)〜11月8日(日)
※展示替えなし
休館日 未定
時間 第一期:10:00〜22:00
第二期:9:00〜22:00
会場 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
観覧料 2,800円
※全日抽選、事前予約日時指定制
※詳細は公式サイトをご確認ください
公式サイト https://tcv.roppongihills.com/jp/
問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
2020年8月19日更新