開館10周年記念 1894 Visions ルドン、ロートレック展

開館の年「1894年」を軸に、ルドンとロートレックの時代にフォーカス

三菱一号館が丸の内初のオフィスビルとして竣工した「1894年」という年を軸に、コレクションの中核をなす画家である、ルドンとトゥールーズ=ロートレックの時代に焦点を当てた、三菱一号館美術館開館10周年の最後を飾る展覧会。

1894年はルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレック、ルドン、ゴーガンが参加した『レスタンプ・オリジナル』の刊行年とも重なる。一方、同時代の日本では、フランスへ留学しルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が、代表作《浦島》を制作した時代でもあり、日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目する。

フランスの南西部の町ボルドーで生まれた、オディロン・ルドン(1840〜1916)。39歳で最初の作品集を出版するのは、決して早いとはいえないが、ルドンの場合には、これが個性を固めるための準備期間となり、内面の夢と想像の世界から多くのものを得る。1894年の個展では初めて色彩の作品を発表し、木炭と石版画を使った「黒」の作品と並行して、パステルや油彩をつかった作品を制作し始める。19世紀末には、リトグラフの発展やパステルの色数の増加を受けて、ルドンは独自の芸術表現を築いていく。

幼い頃から画才を示し、画家になることを志したトゥールーズ=ロートレック(1864〜1901)。動物画家や歴史画家に学びながら、身の回りの人々をモデルに描き続け、カラー・リトグラフ(多色石版画)を使った作品《ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ》(1891年)で、衝撃的なデビューを果たす。彼の作品は美術愛好家の関心を引き、愛好家のための室内用のポスターが制作されたり、100部限定の豪華な版画集『レスタンプ・オリジナル』にも作品を寄せるなど活躍。グラフィック・アーティストとしても活躍したロートレックのような画家を、当時は「画家=版画家」と呼んで、その才能を称えた。

岐阜県美術館との共同企画である本展は、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーガンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品。国内外あわせて常時120点の作品で構成される。

オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》 1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵
オディロン・ルドン 《神秘的な対話》 1896年頃 油彩/画布 65.0×46.0cm 岐阜県美術館蔵
山本芳翠 《浦島》 1893-95年頃 油彩/画布 122.0×168.0cm 岐阜県美術館蔵
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『レスタンプ・オリジナル』《第1年次のための表紙》 1893-94年 リトグラフ/紙 57.6×82.5cm 三菱一号館美術館蔵
フェリックス・ヴァロットン《可愛い天使たち》1894年 木版/紙 三菱一号館美術館蔵
開催概要
展覧会名 開館10周年記念
1894 Visions ルドン、ロートレック展
会期 2020年10月24日(土)〜2021年1月17日(日)
※会期中、展示替えあり
休館日 月曜日(ただし月曜日が祝日の場合と、10月26日、11月30日、12月28日、2021年1月4日は開館)、11月24日(火)・25日(水)、12月31日(木)、2021年1月1日(金)
時間 10:00〜18:00
※祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 三菱一号館美術館
千代田区丸の内2-6-2
入場料 一般 2,000円、高大生 1,000円、小中生 無料(音声ガイド付き)
※各時間の入場人数に上限あり
※詳細はこちらをご確認ください
公式サイト https://mimt.jp/visions/
問合せ 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
2020年10月21日更新