生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

画狂絵師・葛飾北斎の魅力を詰め込んだ“北斎づくし”展
高精細デジタル画像を活用したダイナミックな展示空間に期待

20歳で浮世絵師としてデビューしてから90歳で没するまでの70年間、常に挑戦を続けて森羅万象を描き抜こうとした画狂絵師・葛飾北斎(1760〜1849)。その生誕260年を記念し、代表作である『北斎漫画』、《冨嶽三十六景》、『富嶽百景』の全頁・全点・全図が一堂に会する特別展が東京ミッドタウン・ホールで開催される。

今回の展示では、北斎をリスペクトする豪華メンバーが集結。世界一の北斎漫画コレクターである浦上満の全面協力により、江戸の風俗、職人の作業の様子を始めとして、動植物、風景、建築、人物、故事から妖怪に至るまで生き生きと描かれた絵手本『北斎漫画(初編〜15編)』全883頁、富士山を主題として描かれた大判錦絵の風景画揃物《冨嶽三十六景》全46点、そして、四季折々の富士山の姿を描いた北斎絵本の最高傑作『富嶽百景(初編〜3編)』全102図を、通期で展示するという前代未聞の試みに挑戦。
 さらに、 2014年にグランパレ(仏・パリ)の「北斎展」会場デザインを手掛け、国際的な注目を集める建築家の田根剛、『北斎漫画』(青幻舎、2011年)の装丁も手掛けた鬼才アートディレクター・ブックデザイナーの祖父江慎らが展示空間を構築。その空間に『BRUTUS』の日本美術特集など、日本美術を主な領域とするライター・エディターの橋本麻里による編集、高精度な文化財デジタルアーカイブを得意とする凸版印刷の表現技術が加わり、世界で最も有名な日本の絵師・北斎が持つ過剰なほど多彩な側面のすべてと出会える、「北斎づくし」の空間が出現する。

和紙の繊維まではっきり確認できるほどの、高精細なデジタル画像を活用したダイナミックな展示を通して、江戸の情景や庶民の生活、動植物、空想など、森羅万象に生命を宿そうとした北斎の驚異の世界に没入しよう。

建築家・田根剛氏による『北斎漫画』展示プラン(イメージは構想段階のものです)
葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)
葛飾北斎 『北斎漫画』三編 浦上満氏蔵
葛飾北斎 『富嶽百景』二編 浦上満氏蔵
開催概要
展覧会名 生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」
会期 2021年7月22日(木・祝)〜9月17日(金)
休館日 8月10日(火)・24日(火)、9月7日(火)
時間 11:00〜19:00
※入館は閉館時間の30分前まで
会場 東京ミッドタウン・ホール
港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン B1F
入館料 一般 1,800円、大学・専門学生 1,200円、小中高生 900円
※日時指定予約制
※当日券は限定数のみ販売
※詳細はこちらをご確認ください
公式サイト https://hokusai2021.jp/
問合せ 050-5542-8600 (ハローダイヤル)
2021年7月7日更新