港区界隈の個性派 博物館
東京おもちゃ美術館
木のおもちゃに囲まれ、子どもから大人まで夢中で遊ぶ童心空間 東京おもちゃ美術館

少子化で都心の小学校も廃校が進む中、2007年に旧四谷第四小学校の校舎にできた東京おもちゃ美術館。NPO法人日本グッド・トイ委員会が運営しており、木製玩具を中心に100か国15万点を収蔵。そのうち5,000点を館内に展示し、来館者は見るだけでなく、実際に遊ぶことができる。

入口は2F。昭和10年建築という歴史ある校舎は、白熱電球と板張り廊下でレトロ感たっぷり。教室が展示室になっており、最初はグッド・トイてんじしつ。左側はその年の選定トイが、右側は歴代の選定トイが並ぶ。遊び方が分からないものは、おもちゃ学芸員(ボランティアスタッフ)が実演で説明してくれる。次はきかくてんじしつ。年に2〜3回の間隔で開催。
 最奥の部屋は元音楽室を改造したおもちゃのもり。九州産のヒノキ材を敷き詰めた室内には、ツリーハウス、巨大な木琴やそろばん、ドールハウス、木のボールが入った“砂場”が点在。寝転がるだけで、独特の触感やヒノキの香りに包まれる。

3Fの元家庭科室はおもちゃこうぼうに!ほぼ毎日開かれており、無料で参加できる。大人向けの縫い物、江戸時代のカラクリ玩具など、そのレパートリーはなんと500種類! ゲームの部屋には、リバーシ、タングラムなど各国のテーブルゲーム、ボードゲームが大集合。女流棋士やテーブルサッカーの日本代表によるイベントなども開かれており、ゲームの達人やファン同士の交流も魅力だ。中には、子どもよりお父さんが夢中になってしまうケースもあるとか。
 2部屋から成るおもちゃのまち。赤い部屋には、日本の伝統的なおもちゃが、黄色い部屋には、虫眼鏡など科学系のおもちゃ、海外の楽器、ごっこ遊びコーナーなどがある。科学系おもちゃのイベントでは、水圧と空気圧の原理、構造建築学などを使った体験も。

毎年、春には新宿御苑で木製おもちゃと触れ合う「森のおもちゃ美術館」、秋には全校舎、校庭、体育館も使う「東京おもちゃまつり」を実施。童心に返ったり、我が子との接し方を学んだり、形や風合いに癒されたり…。おもちゃ=子どもの物ではない、力を感じる空間だ。

    東京おもちゃ美術館(四谷三丁目)
  • 新宿区四谷4-20 四谷ひろば内 [MAP]
  • 03-5367-9601
  • 料金(税込)
    大人700円
    3歳〜小学生 500円
    こどもと大人のペア券1,000円
  • 10:00〜16:00(最終入場は閉館の30分前まで)
    ※「赤ちゃん木育ひろば」のみ15:30まで
  • 休館日
    毎週木曜日、特別休館日、年末年始
  • 丸の内線「四谷三丁目」駅 徒歩6分
  • webサイト

2014年2月取材/2014年4月更新