通のおもたせ
和菓子 洋菓子 惣菜 酒・茶・その他 通のおもたせ
港区の達人が教える“喜ばれる”手土産、贈り物などセンスがキラリと光る逸品をeHills Clubがセレクトしてご紹介!
茶巾ずし
茶巾ずし 1個 490円〜(折詰 2個 1,080円〜)
※消費期限 当日中
※価格はすべて税込
「四谷 八竹」の茶巾ずし

四谷三丁目駅から徒歩数分、新宿通り沿いにある「四谷 八竹」。1924(大正13)年に人形町で創業し昭和30年に四谷に移転、以来この地で営業してきた大阪寿司の老舗だ。東京ながら、江戸前はなく茶巾、押しずし、太巻き一筋。遠方から訪れる関西出身者や50〜60代の熱心なファンも多い。

10cm四方近くある茶巾は見た目も重さもズッシリ。錦糸玉子の鮮やかな黄色に三つ葉の緑が映える。箸で割ると、かんぴょう、椎茸、海苔の混ぜご飯、エビでできたおぼろ、酢レンコン、焼き穴子がお目見え。具材は国産中心で、一から手作りで仕上げている。やや甘めの酢飯にレンコンの歯ごたえが好アクセント。薄く均一にするのに技術がいる錦糸玉子はさすがな仕上がり。ふんわりと甘く、酢飯との相性もバッチリ。ご飯と具材がギュッと詰まっているので、ボリューム的には軽く一膳分くらいはありそうだ。

自宅でのランチ代わりはもとより、お花見、法事、お茶会、手土産など用途はさまざま。会議のお弁当として企業が注文する場合もあるとか。予約状況によっては午前中に新規注文が取れない時もあるため、なるべく事前予約がベスト。特に母の日、大晦日は数日前からの予約が必須だ。



大阪ずし/店内
1 サバ、穴子、小鯛、エビの押しずし、ふんわりした玉子の食感が印象的な伊達巻、椎茸やおぼろなどが入ったのり太巻きで構成される大阪鮓一人折(税込1,450円)は、茶巾ずしと並んで人気のある折詰。好みの組み合わせで作ってもらうことも可能だ
2 店内は細長く、奥に持ち帰り用のカウンターがある。テーブルが4卓あり、イートインでも可能。持ち帰りと価格は同じで、緑茶が急須でサービスされる。丸いお盆に載せられた茶巾や太巻きは、自宅で食べるのとは違った趣に

大阪鮓 四谷 八竹(四谷三丁目)

  • 新宿区四谷3-11
  • 03-3351-8989
  • 9:00〜18:00
  • 定休日 水曜、年始、夏季
    ※2、5月の最終週は水曜、木曜の連休
  • webサイト
店舗外観

2015年6月取材/2015年8月更新