HILLS PHOTO NEWS


en[縁]:アート・オブ・ネクサス ―第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展

en[縁]:アート・オブ・ネクサス ―第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展

TOTOギャラリー・間(南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)

2018/1/23(火)  世界中の建築家が参加する建築界のオリンピック「ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」で、2016年に特別表彰を受けた日本館の展示「en[ 縁]:アート・オブ・ネクサス」が、帰国展という形で1月24日より開催される。

 日本が直面する空き家や高齢化といった課題に対し、壁で区切るヨーロッパ的なアプローチではなく、極めて日本的な内と外をゆるやかに繋ぐ“場”の創造により解決しようとする、建築家12組の作品が鑑賞できる。

 ヴェネチアでの展示同様に「人の縁」「モノの縁」「地域の縁」という3つのテーマで展開する中、鑑賞者が一休みするために会場内に設置された縁側がさりげなくコンセプトを補強。また4Fでは、ビエンナーレ以降の建築家たちの取り組みについても紹介している。

 世界を驚かせた、社会的問題に対する、日本の丁寧でしなやかな“建築”的解決法は必見だ。

会期は1月24日(水)〜3月18日(日)。月祝休(2月11日は開館)。時間は11:00〜18:00。