HILLS PHOTO NEWS


ワタリウム美術館 過去イベント映像の有料配信サービス開始。期間限定無料公開も有り

ワタリウム美術館 過去イベント映像の有料配信サービス開始。期間限定無料公開も有り

ワタリウム美術館(渋谷区神宮前3-7-6)

2020/5/18(月)  2020年9月に開館30周年を迎えるワタリウム美術館が、過去のイベント映像の有料配信サービスを開始。膨大な記録映像の中から美術館がセレクトした1セット(5動画)が、今後随時更新される予定だ。

 現在の映像ラインナップは、「ダライ・ラマ14世 講演+制作風景『創造と芸術』(1995年)」「谷川俊太郎+佐藤学 対談『子どもの創造性 ―アートとしての言葉が生まれるとき』(2011年)」「藤森照信+藤本壮介 講演+対談『「予想ははずれる。予兆あるのみ。』(2010年)」「アレン・ギンズバーグ+観世栄夫 ポエムリーディング(1988年)」「多木浩二 講演『アートの本質』(1997年)」の5本。ダライ・ラマ14世の講演や、30年以上前のイベントなど、どれも貴重な未公開映像ばかりだ。
 また、この映像アーカイブの開設を記念して、「坂本龍一+カールステン・ニコライ&ラスター・ノートン+浅田彰『ナム・ジュン・パイク追悼ライブ farewell,njp』(2006年)」と「青木陵子 + 伊藤存『変化する自由分子のWORKSHOP』展 ギャラリー・ツアー(2020年)」の2本は8月31日まで無料で公開される。

>>ワタリウム美術館 映像アーカイブ
【配信期間】4月28日(火)〜随時更新予定 ※2本の無料公開は8月31日(月)まで
【画像】坂本龍一+カールステン・ニコライ&ラスター・ノートン+浅田彰 「ナム・ジュン・パイク追悼ライブ farewell,njp」(2006年) 「ワタリウム美術館 映像アーカイブ」より