HILLS PHOTO NEWS


梅雨に向け活躍期待。虎ノ門ヒルズ内に傘シェア「アイカサ」スポット設置

梅雨に向け活躍期待。虎ノ門ヒルズ内に傘シェア「アイカサ」スポット設置

虎ノ門ヒルズ 森タワー、ビジネスタワー

2021/5/7(金)  虎ノ門ヒルズ内の2か所に、日本初の傘のシェアリングサービス「アイカサ」のスポットが新しく設置された。

 本サービスは、突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに返却できるという仕組み。24時間70円とビニール傘を買うより安く、グラスファイバー製で折りたたみ傘よりも丈夫というのが特徴。傘が無いことによる不便さをスマートに解消できるのはもちろん、年間約8000万本も消費され、その多くが埋め立てられている使い捨て傘ゼロを目指す、サステナビリティの観点からも現在注目されているサービスだ。
 設置場所は、東京駅や新宿駅などの都内主要駅をはじめ、虎ノ門ヒルズ周辺であれば、新橋駅、浜松町駅、港区役所と各総合支所など、全国約800か所にのぼる。虎ノ門ヒルズ内では、 森タワー2階エレベーター横(新橋エントランス側)と、ビジネスタワー1階エスカレーター裏(オフィス受付側)に設置されており、アプリで登録をすればすぐに利用可能だ。

 傘の使用頻度が上がるこれからの季節、使い捨て傘を購入する前に、アイカサの活用も選択肢に入れてみては。