HILLS PHOTO NEWS


突然変異体・PUMANの正体は?濱大二郎個展「MUTANT」

突然変異体・PUMANの正体は?濱大二郎個展「MUTANT」

MARUEIDO JAPAN(赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー1F)

2021/6/15(火)  オランダのデン・ハーグを拠点に、ヨーロッパや日本で作品発表を行う濱大二郎(はまだいじろう)の個展が開催中。

 昨年、生活が極端に制限されたロックダウン中のオランダで、自宅に籠りながら自問自答を続けたという濱。自身や作品との深いコミュニケーションを経て純化された、彼の現在の選択や答えとして輪郭が露になったのが、今展に登場する突然変異体「PUMAN」だ。キャンバスをダイナミックに占拠する、複数の目を持った動物か人間か分からない生命体は、この閉塞感を打ち破る伸び伸びとしたキャラクターに見える時もあれば、焦燥感をかき立てる不気味な存在に感じることも。
 一方、ギャラリー奥の静謐な空間には、表とはうって変わって、静かに座ってこちらを見つめるPUMANと、細かい筆致がさざ波のように連なるKÛKANシリーズの作品が。このPUMANとは不思議と分かりあえるような気がして、心のざわめきが収まっていくのを感じる。恐らく、鑑賞者によって感じ方はまるで違うだろう。

 作家の自画像であり、鑑賞者の肖像でもある、映し鏡のような存在としてのPUMANを前に、あなたは何を受け取るのか。そこで感じた“変異”が、新たな価値観やコミュニケーションを生むキッカケになるかもしれない。

【会期】6月10日(木)〜6月26日(土)
【休廊日】日月祝
【時間】11:00〜18:00