HILLS PHOTO NEWS


リニューアルを彩る住友洋画コレクション「光陰」の競演

リニューアルを彩る住友洋画コレクション「光陰」の競演

泉屋博古館東京(六本木1-5-1)

2022/5/20(金)  2年間の改修期間を経て3月にリニューアルオープンした「泉屋博古館東京」。初公開の秘蔵名画を含む近代洋画の名品を一堂に紹介する記念展が開催される。

 一般公開に先駆けたプレス内覧会では、野地耕一郎館長によるプレゼンテーションが行われ、最初期のモネの作品などが将来された経緯や本邦初公開の作品などについて、スライドを利用した、軽妙な語り口による解説があった。館長によるスライドレクチャーは「詳しすぎる作品解説」として、一般観覧者向けにも開催される。

 本展のタイトルにもなった「光陰」とは、印象派を「光」、写実派を「陰」と捉えたもの。3月のリニューアルにより設置された最新のLED照明の絶妙な調光とシックな空間が、光陰の競演を一層引き立てるものとなっている。
 展示は「光陰」二つの潮流から滋養を受けて展開した日本近代洋画の数々へと続くが、点描画法一つとっても様々な表現がある事が分かり、パリの印象派の影響を受けつつも独自に豊かに発展してきた日本の近代洋画史にも思いを馳せる事ができる。

 住友洋画コレクションの神髄に触れる、記念展を彩る内容となっている。

【会期】5月21日(土)〜7月31日(日)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
【時間】11:00〜18:00(金は19:00まで) ※入場は閉館の30分前まで